PAGETOP

日本CT検診学会 2011年夏期セミナーのお知らせ

第15回読影セミナー、第10回肺気腫セミナー、第5回技術セミナー

2011年夏期セミナーチラシ
日時2011年7月30日(土) 10:00〜19:00
会場星陵会館 (東京都千代田区永田町)
アクセス有楽町線・半蔵門線・南北線 永田町駅下車 6番出口 徒歩3分
千代田線 国会議事堂前駅下車 5番出口 徒歩5分
プログラムプログラム(Wordファイル)
プログラム(PDFファイル)
参加費 医師、メーカー、工学関係者 放射線技師他
会員 10,000円 5,000円
一般 15,000円 10,000円

※2011年夏期セミナーの事前参加申込みの受付は締め切りました。
当日は会場におきましてセミナーへの参加受付をいたします。
ご希望の方は直接、会場にてお申込みください。


1. 読影セミナー

テーマ「National Lung Screening Trial (NLST)の結果を踏まえて今後のCT検診に携わる」

NCI主導で行われたNational Lung Screening Trial (NLST)の結果が昨年11月初旬に発表され、約20%の肺がん死亡率低減効果があると報告されています。そこで今回は過去から現在までにわかっている低線量CT検診に関するさまざまなデータやエビデンス、さらには現状での問題点等について整理をしたいと思います。

2. 肺気腫セミナー

テーマ「CT肺気腫の概念を確立させるため今すべきこと−疫学的視点から−」

CT肺気腫の存在や重要性について会員の理解は進んできました。しかし、それを医学的根拠をもとに社会に還元するためには、明確にしていかなければならないいくつかの課題があります。そこで、疫学的な視点から問題点を整理して、どういうデータをどのように集めまとめていくべきかを議論したいと思います。

3. 技術セミナー

テーマ「低線量CT分野でのAEC (Auto Exposure control:管電流自動調整)の効果的な使用法について」

低線量領域では、被写体形状に応じて管電流(mA)を変化させても、その変化幅は通常の精査条件150mA〜200mAに対して僅かの変化量であり、実質的に被ばく線量の低減にはならない。低線量領域で必要なAECが持つ機能を明確にし、効果的にAECを使用するスキャン法ついて検討する。


各セミナー世話人

1. 読影セミナー

神奈川県立がんセンター 呼吸器内科 近藤 哲郎
〒241-0815 神奈川県横浜市旭区中尾1-1-2
TEL:045-391-5761
FAX:045-361-4692
E-mail: 近藤 哲郎

2. 肺気腫セミナー

京都府立医科大学 医学研究科 繁田 正子
〒602-8566 京都府京都市上京区河原町通広小路上る梶井町465
TEL:075-251-5789
FAX:075-251-5799
E-mail: 繁田 正子

3. 技術セミナー

国立がん研究センター東病院 放射線部 花井 耕造
〒277-0882 千葉県柏市柏の葉6-5-1
TEL・FAX:0471-34-6925
E-mail: 花井 耕造