PAGETOP

日本CT検診学会 2018年夏期セミナーのお知らせ

第22回読影セミナー、第17回肺気腫セミナー、第12回技術セミナー、第1回大腸CTセミナー

2018年夏期セミナーチラシ
プログラム(PDF)
日時2018年7月22日(日)
会場一橋大学 一橋講堂
〒101-8439 東京都千代田区一ツ橋2-1-2 学術総合センター2階
アクセス東京メトロ半蔵門線、都営三田線、都営新宿線 神保町駅(A8・A9出口)徒歩4分
東京メトロ東西線 竹橋駅(1b出口)徒歩4分
代表世話人小林 健(石川県立中央病院 放射線科)
参加費 医師、メーカー、工学関係者 放射線技師他
会員 10,000円 5,000円
一般 15,000円 10,000円

※詳細は決定次第、順次本ホームページ上にてご案内致します。


第22回 読影セミナー

担当小林 健(石川県立中央病院 放射線科)
テーマCADや高度画像処理を併用した胸部CTの読影

講演内容
座長:小林 健(石川県立中央病院 放射線科)
「AI導入後のCT読影のCADについて」
 木戸 尚治(山口大学工学部知能情報工学科)
「ClearRead CT-VSを用いた胸部CTの読影経験」
 松迫 正樹(聖路加国際病院放射線科)
「肺CADを用いた検診読影の経験」
 吉川 健啓(東大病院コンピュータ画像診断学/予防医学講座)

概要
 本セミナーでは、近年注目されているAI(artificial intelligence)導入後のCADについて、一人者の木戸尚治先生に概説していただき、高度なコンピュータ画像処理を用いて行う胸部CTの読影について実際に臨床的で利用している2人の先生方にお話しいただき、今後のコンピュータによる高度画像処理や読影支援のもとに行われるであろう胸部CTの読影について理解を深めてもらうことを目的に企画しました。

第17回 肺気腫セミナー

担当大森 久光(熊本大学大学院 医療技術科学講座)

講演内容
「「COPDガイドライン第5版」改訂の意義と今後の方向性」
 黒澤 一(東北大学)

第12回 技術セミナー

担当津田 雪裕(神奈川予防医学協会)

講演内容
座長:仁木 登(徳島大学)
「AI技術が医療データに更なる価値を〜医療におけるAI事例〜」
 上條 憲一(NEC 医療ソリューション事業部)
座長:山口 功(大阪物療大学)
「Virtual Noduleを用いた胸部CT-CADの性能特性評価」
 舩越 萌香(国立がん研究センター東病院)

第1回 大腸CTセミナー

担当満崎 克彦(済生会熊本病院予防医療センター)
テーマ大腸CT検診の実践のために―前処置編(案)

講演内容
「前処置を理解するために必要な知識とは?」
 秋田 裕介(亀田総合病院 医療技術部 画像診断室)
「いまできる、タギング前処置法はコレだ!」
 鈴木 雅裕(イーメディカル東京 遠隔画像診断センター)
「低用量前処置を用いた大腸CT検査の精度検証」
 歌野 健一(福島県立医科大学会津医療センター 放射線科)

概要
 大腸CTに関する夏期セミナーは、過去3年間技術セミナーとして開催されてきた経緯があります。「始めよう大腸CT検診」というテーマで行われており、CTC部会発足後のセミナーのテーマは部会で議論して、「大腸CT検診の実践のために」とし、2018-2020年の夏期セミナーを準備していきたいと考えています。