大会長挨拶

第25回日本CT検診学会学術大会大会長 和田 真一 第25回日本CT検診学術大会大会長
新潟大学医歯学系保健学系列
放射線技術科学(医学物理学)分野
教授 和田 眞一

第25回日本CT検診学会学術大会を2018年2月9日(金)-10日(土)の両日、新潟市内,新潟グランドホテルにおいて開催させて頂くことになりました。大変光栄に存じますとともに、この機会を与えて下さいました会員・学会役員の皆さま方に厚く御礼申し上げます。

低線量胸部CT検診は、1990年に(故)館野之男名誉会長、飯沼武・松本徹、両名誉会員らにより世界に先駆けて提案され、それをもとに、1994年2月に胸部CT検診研究会が設立されて、第1回目学術大会が開催されたのが、本学会学術大会の始まりでした。以来25年間、年1回の学術大会が開催され本大会に至っています。

ご承知のとおり、今日、米国では大規模RCTの結果をもとに肺がん死亡低減の手段として低線量CT検診が公的検診に含められ、ヨーロッパでもそれに向けた検討の提案がされようとしています。

ここに至る経緯を顧みますと、1996年に金子らが始めてRadiologyに、続いて1998年に曽根らがLancetに、低線量CT検診の優れた早期肺がん検出能を論文報告し、1999年HenschkeらによるELCAP(Early Lung Cancer Project) Lancet論文へと続きました。このことは、低線量CT肺がん検診RCTの実行可能性を報告した論文(Radiology,225,506-510)において、1990年代初期にJapanese Anti-Lung Cancer Association (ALCA)が肺がん検出に低線量CT検診を導入し、1992年に米国がthe Early Lung Cancer Action Project (ELCAP)を設立し、ALCAとELCAPがCT検診の優れた早期がん検出能を明確に示したと述べ、2002年米国国立がん研究所 (NCI)によるCT検診と胸部X線写真の全米大規模比較試験NLST(National Lung CT Screening Trial)立ち上げへと続いたことを記録に残しています。NLSTの結果は、2011年8月にNEJM誌に発表され、CT検診による肺がん死亡率減少が世界で初めて実証されました。同年に発表されたNLST研究グループ論文(Radiology,2011,Jan)は、日本における低線量CT検診に対する広範な関心と研究がNLSTの立ち上げに寄与したことを曽根ら(Br. J. Cancer,2001),名和ら(Chest,2002),祖父江ら(J. Clin. Oncol.2002)の3編の論文を表掲載して取り上げています。これらは1993年〜2000年に実施された低線量胸部CT検診の成果を報告した論文であり、本学会の学術大会でも報告されました。これらは、世界の肺がんCT検診の歴史に果たした本学会の重要な役割と評価することのできる事実と言えます。

そして、2017年4月には、ITALUNGトライアルの結果について、限られた対象例数による課題を残しながらも、データの一貫性から、CT検診受診者における、肺がん死亡率及び全死亡率の減少を示唆する、と結論する論文がThorax, 2017,Doi:10.1136/thorax- jnl-2016-209825に報告され、米国NLST研究に次ぐ、ヨーロッパからの報告として注目されています。

この様にして迎える、第25回日本CT検診学会学術大会では、大会テーマを『高精度CT検診の普及とがん死亡の減少をめざして』とさせて頂きました。胸部CT検診の詳細なエビデンスが蓄積されて行く中で、高精度なCT検診の普及は依然として最も重要な課題と言えます。これまでも様々な角度から追求されてきたこのテーマについて、更に議論を深められたらと考えます。

このテーマには、CT検診認定医と認定技師の制度的深化、そこに、Computer Aided Detection/ Diagnosis (CAD)が役割を担う構図が含まれ、更に、CADそのものの、QA(Quality Assurance)の重要性も認識され始めており、今後のCT検診の普及に際して重要なテーマと考えます。

また、COPDや循環器疾患など肺がん以外の胸部疾患に対するCT検診の重要性も増しており、本学会の重要なテーマであります。更に、近年、CTコロノグラフィ技術の発展も著しく、これへの期待も高まっており、その普及における本学会への期待も急速に高まってきています。

この様に、本学会が扱う課題とその役割への期待は増加の一途にあると言えます。そこで、本学術大会は、ここまでの本学会の歩みを見つめ、次の4半世紀の検診に果たす日本CT検診学会が果たすべき役割について大いに語り合う、そのような、学術交流の場にできたらと思っております。

2月の新潟市は、”にいがた冬.食の陣”が開催されるなど、荒海日本海から水揚げされた新鮮な海の幸、米どころ新潟の銘酒・お米など、食文化を堪能頂ける季節でもあります。また、会場ホテルは、明治から続く新潟最大の繁華街古町にも隣接しており、情緒あふれる新潟のナイトライフもお楽しみ頂ければと存じます。

皆さまには、日頃の研究成果をこの学術大会にご発表頂き、明日のCT検診について大いに語り合って頂きたく、多くの方々にこの学術大会にご参加頂きますよう、心よりお待ち致しております。